Honda エコマイレッジチャレンジ 2017 オフィシャルサイトWebサイトはコチラ
  • チーム紹介
  • 大会出場準備!
  • 全国大会
  • 大会終了後
NEW 9/20 更新
◎福島県立会津工業高等学校  チーム名:ATHレーシング・Aチーム/ATHレーシング・Bチーム
 僕たちの高校は福島県会津若松市に在り、参加車両はできる限り生徒製作で行い、車両フレームやカウル材料も大会に合わせ省エネ(金をかけない)をモットーに製作しております。Aチームは高校生クラスで今回はカウルを若干改良し昨年度の記録更新・入賞を目指し、Bチームは2人乗りクラスで新人ドライバーで挑み昨年の記録(第3位)以上を目指して日々奮闘中です。応援よろしくお願いいたします。
◎会津北嶺高等学校  チーム名:会津北嶺高等学校
 私たちは福島県にある会津北嶺高等学校・自動車科の自動車部です。普段の授業で学んでいる自動車の構造や整備についての知識を実際に試してみたいと思い、エコマイレッジチャレンジに参加させて頂いています。本校は今年度から校名が変わり、会津北嶺高等学校としては初参加となるので、良い結果が残せるように精一杯頑張ります。
9/13 更新
◎福島県立勿来工業高校  チーム名:勿来工業自動車部
 「勿来工業」読めますか?「なこそ工業」です。今年は1年生の入部が多く活気のある活動をしています。今年の目標は記録更新です。
◎福島県立喜多方桐桜高等学校  チーム名:喜多方桐桜高校Aチーム
 ここ数年1000キロ越えを狙いチャレンジしています。まだ、達成できていないので今年の目標も1000キロです。何とか今年こそは・・・・・・ぜひ^^;
◎福島県立喜多方桐桜高等学校  チーム名:喜多方桐桜高校Bチーム
 1年生がメインのチームですがぜひ完走を目指してがんばりたいと思います。マシンは先輩たちが使っていたのを自分たちなりに改善(?)して臨みます。果たして結果は(w)????
◎日本大学工学部  チーム名:日本大学工学部機械研究会
 私たち日本大学工学部は福島県にあります。私たちはその中のサークルである機械研究会に所属しております。私たちはこのエコマイレッジチャレンジに参加することでバイクの構造やエンジン内部の構造を勉強しております。出場するからには使用するマシンもエコ用にしっかりと改造をし、ライダー自身も走り方をしっかりと考えております。今回の目標はチームベストを塗り替えることです。応援のほうをよろしくお願いいたします。
◎福島県立塙工業高等学校  チーム名:福島県立塙工業高等学校
 私たち塙工業高校は昨年に続き2年連続の出場となりますが、3年生の課題研究の授業で製作しているため、製作メンバーも初心者ばかりでアルミ合金の溶接やその他切削加工等においても基本操作の習得から進めてきました。また、今年はFRPでのボディー製作にも挑戦しました。大会当日は完走すること、そして良い記録が残せるよう頑張りたいと思います。
◎福島県立白河実業高等学校  チーム名:白河実業高校 GⅡ
 今回僕達は、高校3年生の課題研究でこの大会に出場することになりました。僕達の班は今回の大会が初めての人がほとんどで、慣れないながらも自分達が高校で身に付けた工業の技術を活かし、マシン製作に励みました。僕達は初めに去年、先輩方が使用した車体をベースに、フレームの見直しから始めました。より軽量化を図るためにエンジンマウントを一から作り直し、ブレーキラインも見直しました。一番苦労した点はブレーキで何度も改良を重ねました。日々のマシン製作では機転を利かせながら作業に励むことが重要でした。初めての砂上が多い中、努力して自分達が作り上げたマシンに誇りを持って今回の大会に励みたいと思います。
◎福島県立白河実業高等学校  チーム名:白河実業高校 二人乗り
 福島県立白河実業高等学校チームは、毎年工作部の活動の一環としてエコマイレッジチャレンジに参加しています。年間を通して各種大会や競技会に計画的に参加していますが、エコマイレッジチャレンジには、工作部の団結力を強める事と、エンジンの基本的な知識を身につける事を目標に取り組んでいます。今年は昨年のマシンに大幅な軽量化を施し、大会に臨みます。必ず去年の記録を塗り替える事が一番の目標です。今年も頑張ります。
◎福島県立福島工業高等学校  チーム名:福島工業高校
 私たちは、福島工業高校・機械科の3年生のチームです。週に2時間の課題研究の授業で製作しています。今年はインジェクションを導入しましたが、製作が遅れていて、夏休み中や放課後も活動しています。まずは完成させ、無事に完走して記録を更新できるよう頑張りますので応援よろしくお願いいたします。
◎学法福島高等学校  チーム名:学法福島ERL
 昨年の全国大会は、前日の練習走行で好記録で走行するも、決勝では電子制御関係のトラブルでリタイヤとなってしまいました。今年はさらに走行距離を伸ばすための工夫を施しての出場です。ただ走るのではなく、挑戦することに意味があるこのエコラン競技。今年もチャレンジあるのみです。
出場校情報は随時更新!

2015年の様子はコチラ!

2016年の様子はコチラ!